軽自動車は環境に優しい

中古軽自動車もしくは新車の軽自動車を購入することで経済的な面以外にも役立つことがあります。それは地球環境にやさしい車であるということです。軽自動車が低燃費であることからも分かると思います。軽自動車は大型の車に比べたら低燃費で低排出の車です。軽自動車を選ぶことで地球温暖化の問題となっている二酸化炭素の排出を抑えることができます。
最近の新しい車はハイブリッド車など低燃費で低排出の基準を満たしている車が多くなってきました。しかし価格を考えるとやはり高いものも多いです。その分軽自動車はすでに低燃費であり、排気量が少ないために低排出となっています。環境への関心が高まっている現代に軽自動車は非常にマッチした車であるといえます。
しかし中古軽自動車の場合は環境への対応が不十分のものもあるかもしれません。最近の車の技術の進歩はとても早くなっていますので、3年前くらいの車と、新車と比較してしまうと見劣りするかもしれません。しかし排気量が大きい車を購入するよりは、やはり中古でも軽自動車を購入するほうが家計にはもちろんですが、環境にもやさしいのではないでしょうか。
中古軽自動車は現代の日本のニーズにマッチしたクルマだと思います。所得が低い世帯でも自家用車を持てるのは、中古軽自動車のおかげかもしれません。格差社会と言いますが、その底辺の人たちでも自家用車を持っている人は少なくないと思います。それだけ車は日本の社会に根付いているのではないでしょうか。

トップ > 軽自動車と環境問題 > 軽自動車は環境に優しい

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。