軽自動車の中古と新車の価格差

中古軽自動車は、新車の軽自動車とそれほど価格に差が出ていないということを述べましたが、これは一体どうしてでしょうか。新車の軽自動車がだいたい100万円前後で購入できるとすれば、中古軽自動車は50万円から60万円くらいで購入できそうなイメージがあります。しかし現実としては、中古軽自動車は安くても70万円台といったような価格で、中古といってもそれほど安くは販売されていません。
中古車販売店で中古軽自動車が安く販売されていないのには理由があります。言い方を変えてしまうと、中古車販売店は中古軽自動車を安く販売する必要がないということです。つまり中古軽自動車はそれほど安い価格にしなくても売れてしまうということなのです。
中古軽自動車を購入しようと検討している人のほとんどが中古軽自動車を実際に購入するといいました。これがつまり中古軽自動車を安く販売する必要がないということを示しています。中古軽自動車を購入する人たちはガソリンや税金などのクルマの維持費にお金を使いたくない人たちです。そのため他に安い普通自動車が売られていたとしても、中古軽自動車を購入するのです。
中古車販売店にとっても、中古軽自動車は稼ぎ頭なのかもしれません。値段がある程度かかっても購入しようとするのですから、中古軽自動車の価格をわざわざ下げる必要はないというわけです。この傾向はガソリンが高騰している間は続いていくと思われます。

トップ > 中古軽自動車 > 軽自動車の中古と新車の価格差

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。